Latest Posts

Scanpst 2007を使用してPSTの破損を修正する-Outlook?550???

Scanpstは、Outlookの破損したPSTファイルや破損したPSTファイルを修復するために使用できる、組み込みツールです。 Outlookを正しく使用しないと、PSTファイルが破損し、アプリケーションがエラーメッセージをスローします。このような状況では、Scanpst 2007が使用され、破損したPSTファイルを修復して問題を修正します。しかし、このinbuiltツールを実行する前に、専門家のOutlookで提案されているように適切に閉じておく必要があります。 PSTファイルを開いたままにしてscanpstを開始すると、PSTファイルが破損し、Outlookでエラーメッセージが表示されます。 また、scanpst 2007には、Outlookのエラーを修正するのに役立つにもかかわらず、Outlookのファイルサイズが2 GBを超える問題を修正できない場合でも、制限の問題があります。特大のPSTファイルを修復しようとすると、このinbuiltユーティリティが応答しなくなります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookを修復する方法メールを送信または受信中に0x8004210bエラーが発生する-0x800CCC65???

あなたはOutlookの0x8004210bエラーに直面している彼らの一人ですか?これは、Outlookユーザーが直面する最も広く発生したエラーの1つです。実際、これは最近、ユーザーが苦情を申し立てている重大な問題であることが判明しました。調査では、pstファイルの破損またはOutlookの誤ったインストールが、Outlookの0x8004210bエラーの最大の原因であるように見えることが判明しました。 Outlook 0x8004210bエラーの発生原因 ほとんどのユーザーはMS Outlookでいくつかのタスクを達成しながらこの問題に直面します。残念ながら、前記操作は間に失敗し、ユーザはSMTPサーバからのタイムアウト応答のために長く待たなければならない。ユーザーは、サーバー管理者またはISP(インターネットサービスプロバイダ)に連絡するようにさらに通知されます。これだけでなく、フリーズするためにうまく動作しないWindowsの誤動作にもつながります。 Outlook 0x8004210bエラーのためにシステムがクラッシュした場合、重大なデータ損失が発生する可能性があります。 Outlookの0x8004210bエラーのために症状を見てみましょう 上記のように、メールの送受信中にタスク – 送信中のエラー報告(0x8004210B)が頻繁に画面に表示されます。 Windows PCの頻繁なハンギングとクラッシュ コマンドの失敗によるシステム応答の遅れ キーボードやマウスからの入力も時には失敗します。 これらのすべての症状は確かであり、0x8004210bエラーの撮影確認です。 0x8004210bエラーの原因 特に、このエラーの背後には多くの理由があります。これらのうちのいくつかを以下に示します。 MS Outlook関連のプログラムまたはファイルの削除 OutlookをWindowsに不適切または不完全にインストールする ウイルス攻撃によるWindowsレジストリの破損 したがって、このエラーに直面している場合、円滑なOutlook操作のためにOutlook 0x8004210bエラーを修正する必要があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする