Outlook2013が開かない場合の対処方法-0x800CCC6F???

Outlook 2013を開くことができませんか? Outlookが開かないときにイライラしていませんか? Outlookの問題を修正する機能はありますが、実際の問題はOutlookが開かない場合に発生します。そのような問題の背後にある理由は何でしょうか?同様の状況に直面している場合でも、心配する必要はありません。代わりに、この記事を注意深く読んでください。同じ解決策があります。

Outlook 2013が開かず、Outlookユーザーが重要な会議を前もって持っている場合に何をすべきかについて無知になるには、さまざまな理由が考えられます。実際にOutlookユーザーのインターフェイスに障害がある場合、または正しくロードできない場合は、このようなエラーが発生する可能性があります。アドインに障害があると、Outlook 2013が開かないため、Outlook2013の円滑な実行が妨げられる可能性があります。また、Outlookが互換モードで実行するように設定されている場合、このようなエラーが発生する可能性があります。

Outlook2013が開かない場合のエラーの背後にある原因を見てみましょう。

  • 欠陥のあるアドオン
  • 2013などの古いMSOutlookバージョンでプロファイルを使用する
  • Outlookが設定されているか、互換モードで実行されている場合
  • 破損したOutlookデータ

Outlook 2013で問題が発生しない場合の修正方法は?

Outlookが開いていない場合、ユーザーはOutlookをセーフモードで実行してみることができます。

まず最初に「実行」ダイアログを開きます

  • Windows 8 / 8.1を使用している場合は、Windows + Xキーを同時に押してから、ポップアップメニューで[実行]を選択する必要があります。

Windows7の場合

  • [スタート]をクリックして、検索ボックスに「実行」と入力する必要があります。

Windows XPの場合、

  • [スタート]-> [実行]をクリックします。
  • 次に、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスに「Outlook / safe」と入力します
  • Outlookが起動した場合、問題はインストールされている障害のあるアドインが原因である可能性があります。
  • このような状況では、ユーザーはすべてのアドインをオフにして、クリックしてOutlookのスムーズな実行を妨げているアドインを見つける必要があります。
  • [ファイル]-> [オプション]-> [アドイン]-> [Comアドイン]-> [移動]。
  • 次に、リスト内のすべてのチェックボックスをオフにして、[OK]をクリックします。
  • 次に、ユーザーはOutlookを通常どおり再起動する必要があります。
  • Outlookが起動したら、アドインを1つずつ有効にしてアクティブ化する必要があります。このようにして、Outlookが追加されてもすぐに起動しない場合に、障害のあるものを確認できます。

問題が解決しない場合は、OUTLOOK.EXEファイルを右クリックしてプロパティを選択し、[互換性]タブをクリックして、互換モードをオフにする必要があります。
「互換モードでこのプログラムを実行する」というチェックボックスをオフにし、設定を保存してOutlookを再起動し、Outlook2013が開かない問題が解決するかどうかを確認します。

ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook 2013 doesn’t openはさまざまなdllファイルに感染を生成します
drmclien.dll 5.1.2600.5512, SMDiagnostics.ni.dll 3.0.4506.25, Microsoft.Windows.Diagnosis.TroubleshootingPack.ni.dll 6.1.7600.16385, Microsoft.Transactions.Bridge.Dtc.ni.dll 3.0.4506.25, NlsData0816.dll 6.0.6000.16710, mcmde.dll 11.0.6001.7000, shmig.dll 6.1.7601.17514, inetcomm.dll 6.0.2900.2180

あなたのpstファイルに関してOutlook 2013 doesn’t openのような問題が起きていますか?

Outlook 2013 doesn’t openのような問題に直面している場合は、あなたのpstが壊れているか破損しています。 すべてのあなたの電子メール、添付ファイル、コンテンツ、ジャーナル、メモ、タスク、およびカレンダーをそれから回復するために、破損した/破損したPSTを修復する必要があります。 Outlook 2013 doesn’t openのような問題は、重要なメールを作成して破損したり紛失したりする可能性があるため、メールサービスを使用する際には注意が必要です。 PSTは世界中で広く使用されているMicrosoft Outlook電子メールクライアントのデータベースストレージです。 それは非常に人気があり、Outlook 2013 doesn’t openのようなエラーが発生することがあり、メールの破損や損傷を防ぐために注意深く検討する必要があります。 あなたがOutlook 2013 doesn’t openのような同様の問題に直面している場合は、あなたのPSTを壊している問題の原因の主な原因を知るべきです。

Outlook 2013 doesn’t openを担当する主な理由PSTファイルの問題

これらは、あなたのPSTファイルや世代Outlook 2013 doesn’t openの問題を悪化させたり破損したりする主な理由です。 PSTファイルの破損の原因となっているこれらの要因を見て、これらの状況が将来的には安全でないようにしてください。 このガイドでは、予期せぬOutlookの機能不全の原因に関するさまざまな問題の概要を説明します。 Outlook 2013 doesn’t open問題の発生を踏まえて、より詳しく見て安全です。

ハードウェアの問題:

あなたのハードウェアがあなたのPSTファイルのデータを保存または転送できない時があります。これは、PSTファイルの破損と電子メールの損失につながります。多かれ少なかれ、Outlook 2013 doesn’t openのような問題も発生します。ハードウェア障害は、主に3種類あります。

データストレージデバイスの障害:

ハードディスクに不良セクタがあり、偶然pstファイルがその不良セクタに格納されている場合、Outlook 2013 doesn’t openのようなエラーが発生することがあります。あなたの電子メールのpstデータを不良セクタから読み取ることは、pstファイルが壊れてしまいます。

ネットワークデバイスの障害:

ビジネスハウスでは、PSTファイルがネットワークサーバーに存在し、そこからクライアントコンピュータ経由でアクセスしようとする可能性があります。ルータ、カード、ハブなどのネットワークハードウェアにエラーがあり、pstファイルが破損して破損する可能性があります。 Outlook 2013 doesn’t openのようなエラーが発生する可能性が高い

ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

予期しない停電:

電子メールクライアントで作業しているときにPSTファイルにアクセスしているときに突然の電源障害が発生すると、PSTが破損する可能性があります。

これらはOutlook 2013 doesn’t open問題の原因となる3つの主要なハードウェアの理由です。しかし、予防措置を講じると、これを避けることができます。電源障害のために最高のUPSを手に入れましょう。最高の信頼性の高いネットワークハードウェアを使用して、ネットワークエラーを最小限に抑えます。常に不良セクタをチェックし、修復してください。これらは、PSTファイルの破損の可能性を最小限に抑えることができます。

ソフトウェアの理由:

PSTに損害を与えるソフトウェアの問題もあります。 Outlook 2013 doesn’t open問題につながるさまざまなソフトウェアの問題について詳しく説明します。あなたが心に留めておけば、確実にこれらの問題を避けることができます.

ファイルシステムの回復エラー:

システムファイルが壊れて、データ復旧ソフトウェアやデータ復旧サービスで復旧しようとするときがあります。この種のデータリカバリソフトウェアは、PSTファイルが破損したり破損したりする可能性があります。

腐敗の原因は次のとおりです。

  • あなたのファイルシステムエラーはまた、Outlook 2013 doesn’t openのようなエラーを引き起こし、あなたのpstデータを破壊するデータ回復ソフトウェアによって回復されないPSTファイルにもエラーを引き起こします。

  • 彼らはデータ回復ソフトウェアまたはサービスであり、失われたpstファイルを回復する専門知識ではありません。 だから、彼らは故意に、あるいは意図的にpstファイルに関して状況を悪化させます。

したがって、データが消失した場合は、Outlook 2013 doesn’t openのような問題を避けるためにpstファイルを使用してpstファイルを破損させる必要があります。

ウイルス攻撃:ウイルスはpstファイルを破壊したり、アクセスできなくする可能性があります。信頼できないソースからファイルをダウンロードするか、チェックを行わずにペンドライブを使用すると、ウイルスによってpstが破損し、Outlook 2013 doesn’t openエラーが発生し、データが失われる可能性があります。

予期しないOutlookの終了:ファイルを保存し、終了または閉じるボタンでOutlookを閉じることをお勧めします。予期せず、または異常に見通しを閉じることは決してあってはなりません.pstファイルが壊れたりアクセス不能になったりします。これはOutlook 2013 doesn’t openのような問題を引き起こす可能性もあります

2GBpstサイズのエラー:最初は、人々がOutlookを主要な電子メールクライアントとして使用し、そのデータベースは2GB以上になるとは考えられていませんでした。最初は2GBのデータを格納するようにプログラムされていましたが、使用量が増加するにつれてデータストレージも大きくなり、サイズが2GBを超えるとPSTが破損し始めました。しかし、これはいくつかの修正と手動の方法で解決できます。

これらがpstファイルの破損の主な理由です。 Outlook 2013 doesn’t openの問題から、ハードウェアとソフトウェアの両方の問題を避けることができます。しかし、Outlook 2013 doesn’t openに直面している場合は、pstファイルを保存する必要があるという一般的な症状はどうなりますか?私たちはあなたの外出が問題を起こしており、あなたがそれを調べる必要があることを知らせる様々な症状について議論するつもりです。これらは一般的な症状です:

Outlook 2013 doesn’t openの問題があなたの見通しにもたらすさまざまな症状

  • zzz.pstのようなエラー表示は個人用フォルダファイルではありません

  • 1つまたは複数のパラメータが有効でないため、アイテムを移動できないか、操作を完了できませんでした。

  • オリジナルが移動または削除されたか、アクセスが拒否されたため、アイテムを移動できないか、操作を完了できませんでした。

  • 既に移動または削除されたか、アクセスが拒否されたため、アイテムを移動できないか、操作を完了できませんでした。

  • ファイルZZZ.pstが見つかりません

  • ファイルzzz.pstにアクセスできませんでした。フォルダを表示できませんでした。

  • 0x80040116エラー:zzz.pstにアクセスできません。

  • Microsoft Outlookに問題が発生したため、終了する必要があります。 ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

  • 巡回冗長検査エラー:ファイルzzz.pstにアクセスできませんでした。

  • ファイルzzz.pstを開くことができません。 フォルダを展開できません。 一連のフォルダを開くことはできません

  • zzz.pstファイルにエラーがあります。 outlookとユーザーの受信トレイ修復ツール(scanpst.exe)を終了して、エラーのためにファイルを診断および修復する必要があります。

これらの症状は、Outlook 2013 doesn’t openの問題によりpstの問題が発生していることを示しています。遅すぎる前に行動する必要があります。

Outlook 2013 doesn’t openPSTファイルのエラーと破損を避けるための対策や予防策

ここでは、Outlook 2013 doesn’t openの問題を回避し、腐敗や損害やPSTファイルからあなたを止めるのに役立つ予防措置について議論しています。 あなたのOutlook電子メールクライアントを安全に保つために、以下の措置に従ってください:

Outlook PSTファイルの安全な制限:Outlook 2003および2007では20GBのファイルがサポートされ、Outlook 2010,3013および2016では50GBのファイルがサポートされていますが、10 Gbを超えるpstファイルは読み込まないでください。これにより、あなたのpstファイルが

電子メールの負荷を分散する:Outlook 2003以降では、多数のPSTファイルを作成する機能があります。したがって、さまざまなpstファイルを作成し、それに応じてそれぞれの電子メールを転送して、各pstファイルのサイズを小さく保つ必要があります。これはあなたのpstを健康に保つのに役立ちます。

PST 20022GB未満:Outlook 2002PSTファイルを2GB未満にしておくと、破損してOutlook 2013 doesn’t openエラーが発生することがなくなります。

異常終了しないでください:異常終了しないでください。pstファイルが破損します。

サーバーに保存することを避ける:PSTファイルをサーバーに保存するのではなく、ローカルコンピューターに保存します。 It部門はあなたのPSTファイルが壊れるのを避けます。

ウイルス攻撃に注意してください:あなたのpstが壊れるのを防ぐために、良いウイルス対策ソフトウェアをインストールしてください。

これらの簡単な手順に従えば、あなたのpstファイルを健全な状態に保つことができ、Outlook 2013 doesn’t openエラーで悩まされることはありません。

現在、すべての予防措置に従うことでいつでもあなたを救うことができず、あなたのOutlook電子メールクライアントでOutlook 2013 doesn’t openの問題が発生しており、pstファイルの破損や損傷に直面している可能性があります。 だからあなたはあなたが破損したpstファイルを修復することができる手動のステップを知る必要があります:

破損したPSTの問題を修正するためにMicrosoftが提供するツール受信トレイ修復ツール(scanpst.exe)があります。 しかし、ほとんどの場合、動作しません。 Outlook 2013 doesn’t openのようなIFの問題が発生した場合は、Inboxの修復ツール(scanpst.exe)は正常に動作するはずですが、必ずしも正常に終了するとは限りません。 scanpst.exeツールには制限があり、制限事項を知る必要があります。以下にその制限を示します。

  • 基本的なヘッダーの破損のみを修復できます。この無料の受信トレイ修復ツール(scanpst.exe)は、ヘッダーの問題のような小さな破損を修復し、破損ファイル全体を修復できないように設計されています。 したがって、Outlookの問題では非効率的とみなされます。

  • 特大サイズのファイルの場合は折りたたまれます:サイズの大きいPSTファイルがある場合、サイズの大きなファイルを修復するとその能力を超えているため、Outlook 2013 doesn’t openの問題を解決できないさまざまなエラーが発生します。

  • それはOutlookが苦情を言っている間、エラーを表示しません:それはほとんどの時間、エラーをスキャンし、PSTファイルにエラーを報告しませんが、Outlookは不平を続けます。

  • 回復中にデータがほとんど失われません。回復中にデータの一部が失われるため、完全なデータを回復することはできません。 データ回復の複雑なプロセスの間、データをそのまま維持することはできません。 これは信頼できるツールではなく、Outlook 2013 doesn’t openの問題とエラーを解決するためには信頼できません。

注:Outlook 2013 doesn’t openの問題を解決するために受信トレイ修復ツール(scanpst.exe)を使用するのは簡単ではありません。 Outlook 2013 doesn’t openの問題に対処し、壊れた/破損したpstファイルを修復するには、専門のPST修復ソフトウェアが必要です。 ここでは、PST Repairソフトウェアのさまざまな機能と利点について説明します。

OutlookPST修復ツール/ソフトウェアは、Outlook関連の問題を処理し、他のすべての破損や関連する問題を含むOutlook 2013 doesn’t openエラーを修正できる素晴らしいサードパーティのツールです。 以下は、この優れたツールの特徴です。

  • 重大度に関係なく、破損したPSTファイルや電子メールをすべて修復できます

  • 連絡先、カレンダー、タスク、雑誌などOutlook 2013 doesn’t openのエラーを解決するための追加のOutlookアイテムも回復します。

  • パスワードで保護されたデータ

  • また、誤って削除されたファイル

  • すべてのデータを元の状態に戻します

  • それは、所望の場所にデータを格納することを提供する

  • データをHTML形式で保存するオプションを提供します

  • これは、ファイルを分割することができます大規模なPSTファイルを回復する

  • 自己記述的でインタラクティブなユーザインタフェースを備えています

  • それは初心者で実行することができる使いやすいツールです

  • Outlook 2013 doesn’t openが解決されたかどうかをテストできる無料のデモ版が付属しています。

  • すべてのWindowsエディションと互換性があります – Windows XPVistaServer 2003,7および最新のWindows 8

  • すべてのOutlookプラットフォーム(Outlook 2016,2013,2010,2007,2002,2000など)をサポート

  • 技術的なバージョン修復されたPSTファイルをOffice 365形式でエクスポートする

Outlook PST修復ソフトウェアがOutlook 2013 doesn’t open問題を取り除く方法

OutlookPST修復ソフトウェアは、パスワードで保護されたファイルや誤って削除されたファイルを取得することもできるので、非常に強力なツールです。専門家と熟達したソフトウェア開発者のチームは、強力なアルゴリズムと現代的な技術を駆使してこのツールを設計し、あらゆるレベルでのOutlook 2013 doesn’t open問題を解決しました。それと同時に、それはそれも初心者で操作することができる簡単なツールになる自己説明的なインターフェイスがあります。さらに、すべてのWindowsプラットフォームおよびすべてのOutlookプラットフォームとも互換性があります。また、効率を判断したい場合は、無料のデモ版を試してみてください。このデモ版では、すべての壊れたファイルを修復し、Outlook 2013 doesn’t openのエラーを修正し、最も重大な形式の破損を回復します。それ以降、すべての詳細を含む復元されたファイルのプレビューが生成されます。しかし、ファイルを保存するオプションは付属していません。修復したファイルと回復したファイルを保存するには、ソフトウェアのライセンスキーを購入する必要があります。これにより、Outlook Outlook 2013 doesn’t openエラーが解決され、必要に応じてファイルが元に戻されます。

結論:これで、PSTファイルの破損/破損を回復するためのすべての方法と手口が得られました。 Outlook 2013 doesn’t openエラーが発生した場合は、PST Repairソフトウェアを使用してデータを取り戻すことができます。

Outlook 2013 doesn’t openエラーを取り除くためのPST Repairソフトウェアを実行するためのユーザーガイド

手順1インストールウィザードを使用してOutlook修復ツールをダウンロードしてインストールします。次に、ソフトウェアを起動します。

ステップ2[Outlookファイルの選択]ボタンをクリックして、修復および回復したい破損したファイルまたは壊れたPSTファイルを参照します。ここで、[スタート]ボタンをクリックして、ファイルのスキャン処理を開始します。

ステップ3ソフトウェアのインターフェイスの下部にあるプログレスバーで、スキャンのステータスを確認できます。 STOPボタンもあります。あなたはいつでもスキャンを停止するために同じをクリックすることができます

ステップ4スキャンは高速であるが完全なスキャン方法を備えているので、数分を要することはありません。スキャンが終了するとすぐに、インターフェイスの左ペインに回復可能なアイテムのリストが表示されます。任意のをクリックすると、同じもののプレビューが表示されます。

ステップ5ここで、左側のナビゲーションペインでアイテムを選択し、復元されたアイテムを保存するディレクトリまたは宛先を指定します。これを行うには、ウィンドウの上部にある[復元されたファイルの保存]ボタンをクリックして、[OK]ボタンをクリックします。

ステップ6前のステップで選択したすべてのファイルをソフトウェアに保存させます。今すぐ回復ボタンをクリックして、復旧プロセスを開始します

ステップ7ツールは回復のステータスと、復元されたアイテムの合計ファイルサイズに沿った宛先パスに関する情報を表示します。

ステップ8ファイルが目的の場所に保存されるようになりました。

この自動ソフトウェアと簡単なユーザーガイドを使用することで、Outlook 2013 doesn’t openのソリューションを手に入れることができます。 これらの簡単な手順で失われたpstデータを元に戻してください。

ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

https://www.pstrepairfix.com
https://dk.pstrepairfix.com
https://nl.pstrepairfix.com
https://it.pstrepairfix.com
https://es.pstrepairfix.com
https://ar.pstrepairfix.com
https://pt.pstrepairfix.com
https://de.pstrepairfix.com
https://fr.pstrepairfix.com
https://pl.pstrepairfix.com