Latest Posts

OutlookのPSTファイルの破損の一般的な理由-0x800cce05 Outlook???

MS Outlookは、世界中の何百万ものユーザーによって使用および信頼されている多目的電子メールクライアントアプリケーションです。その高度な使用にもかかわらず、人が見逃すことのできないいくつかの欠陥があります。 pstファイルの破損は、今後の使用のためにOutlookデータにアクセスできなくなる重要な要因の1つです。実際には、pstファイルは破損する傾向があります。 pstファイルの破損につながる一般的な理由のいくつかを見てみましょう。 ヘッダーの破損:pstファイルがネットワークを介して転送されると、ヘッダーが破損する可能性が高くなります。また、pstファイルがインターネット経由でダウンロードされるときに破損する可能性があります。 ハードディスクドライブに不良セクタが存在する:不良セクタとセグメントが存在すると、ドライブに保存されているpstファイルとデータが危険にさらされる可能性があります。 ウイルス攻撃:ウイルスまたはマルウェア攻撃は、Outlookのpstファイルを標的にして破損に対して脆弱にする可能性があります。したがって、メタデータが台無しになります。 Outlookバージョンのデータ制限:以前のバージョンのMS Outlookでは、pstファイルのストレージ容量が制限されていました。 Outlookのpstファイルのサイズが2GBを超えると、破損に対して脆弱になります。ほとんどのオフィスと事業所は、まだ古いOutlookバージョンを使用しています。 ただし、pstファイルの破損の理由が何であれ、解決策は同じであり、それは破損したpstファイルを修復することです。軽微な破損の問題は、scanpst.exeまたは受信トレイ修復ツールを使用してpstファイルをスキャンすることで修復できます。しかし、それが失敗した場合は、サードパーティのOutlookPST修復ソフトウェアが最善の代替手段です。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

POP3アカウントのPSTファイルを修復する方法-0x800ccc13 Outlook 2013?smtp

POP3は、Post Office ProtocolVersion-3の略語です。 MSOutlookの受信メールプロトコルを担当します。これは、IMAPまたはインターネットメッセージアクセスプロトコルの代替手段です。ただし、メールの送信/転送にはSMTPまたは標準メール転送プロトコルが使用され、ローカルクライアントサーバーからのメールの取得にはIMAPおよびPOPが使用されます。 IMAPとPOP3の間には特定の違いがあります。最も顕著な違いのいくつかは、IMAPがメッセージをアプリに保存して保持するのに対し、POP3はメールとメッセージをハードディスクドライブなどのローカルクライアントストレージスペースに保存することです。そのため、オフラインモードを使用してメールやメッセージに直接簡単にアクセスできます。 Outlook2016と2019でPSTファイルの破損の原因は何ですか POP3アカウントがハードディスクドライブなどのローカルストレージにリンクされている場合、PSTファイルの破損にはさまざまな理由が考えられます。それらのいくつかは以下に言及されています サイズが大きすぎるpstファイルが原因 ウイルスの侵入 デバイスの技術的な不具合 システムの破損 ScanPSTを使用してOutlook2016 / 2019でPOP3アカウントのpstファイルを修復する方法 まず、CドライブのMSOfficeフォルダにあるScanPST.exeを見つけます。 次に、scanpstツールをダブルクリックして開きます 修復するpstファイルを見つけます [開始]を押して、修復プロセスを開始します Outlook 2016/2019を開き、POP3アカウントにサインインします pstファイルを回復して修復するには、すべてのプロンプトコマンドに従う必要があります ただし、pstファイルのサイズが大きすぎる場合、scanpst.exeは破損を修復できません。そのような場合は、サードパーティのOutlookPST修復ソフトウェアを使用してOutlook2016 / 2019のPOP3アカウントのpstファイルを修復することをお勧めします。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlook2013を手動で修復する方法-0x8004060C???

Outlook 2013を修正するための手動ソリューションをお探しですか?はいの場合、この投稿ではOutlook 2013を手動で修復するための最良の方法について説明しているため、適切な場所にいます。 MS Outlookが、個人的および専門的な使用に利用される最高の電子メールクライアントアプリケーションであるという事実に疑いの余地はありません。ただし、Outlookでどのような高度な機能を使用しても、保存されているOutlookデータと.pstファイルにアクセスできなくなる破損の問題がないわけではありません。これは、このタスクを実行するための代替手段としてOutlook2013を手動で修復する必要が生じる場所です。 MS Outlook2013でpstファイルとOutlookデータが破損する理由を理解しましょう Windowsのディスク障害は、Outlook2013の破損につながる可能性があります pstファイルが保存されている不良セクタの存在 サイズが大きすぎるpstファイルはpstの破損につながる可能性があります インストールされたアンチウイルスは、Outlookの動作を妨害し、pstファイルを読み取れなくする可能性もあります。 Outlook2013を手動で修復する手順。 以下の手順に従うと、Outlook2013バージョンのインストール中に発生した不具合が確実に修正されます。 まず、Windowsのすべてのプログラムを終了し、コントロールパネルに移動します コントロールパネルで、「プログラム」を選択してから「プログラムと機能」に移動する必要があります 次に、ユーザーは「Microsoft Outlook 2013」を見つけて見つけ、変更をクリックする必要があります プロンプトが表示されたら、[修復して続行]オプションを選択します。 同期のプロセスが完了するまで待ちます。 手動の手順でOutlook2013を修復できますが、確実性はないため、Outlook 2013を使用するときは注意が必要であり、すべての重要なpstファイルとOutlookデータを常にバックアップする必要があります。または、組み込みのユーティリティであるscanpst.exeを使用して、Outlook2013を手動で修復することもできます。ただし、Scanpst.exeまたは受信トレイ修復ツールには制限があり、深刻なpstファイルの破損を修復するために使用することはできません。したがって、そのような状況では、ユーザーはProfessional OutlookPST修復ソフトウェアを使用することをお勧めします。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

WindowsPCでOutlookを使用せずに複数のPSTファイルを検索するためのガイド-0x800CCC92???

MS Outlookは、世界中に膨大な数のユーザーがいる効率的な電子メールクライアントアプリケーションです。ユーザーにとってより快適なものにするさまざまな高度な機能があります。しかし、破損の問題がないわけではないため、多くのユーザーがOutlookプロファイルの使用を開始し、他の電子メールクライアントに切り替えて、MSOutlookをアンインストールする程度になりました。しかし、MSOutlookを使用せずに複数のpstファイルを見つける方法がわからないユーザーにとっては問題になる可能性があります。 Outlookユーザーは、知っておく必要があります。psttファイルは、Windows(32ビット/ 64ビット)とOutlookのバージョンに応じて特定の場所に保存されます。デフォルトでは、指定された場所に簡単に配置できます MS Outlook 2016: C:\ Users \ USER \ Documents \ Outlook Files MS Outlook 2013: C:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office15 MS Outlook 2010: C:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office14 そのため、Outlookユーザーは、MS Outlookのアカウント設定に移動した後、上記のパスに簡単に移動できます。ただし、これにより、ユーザーはOutlookにインポートおよび構成されたpstファイルのみを表示できます。…
Read more

新しいOutlookプロファイルを作成して使用する方法-0x8004210a Outlook???

Outlookプロファイルは、より優れたスムーズなOutlookエクスペリエンスのために非常に重要です。アカウント、Outlookデータファイル、その他の重要な設定の管理に役立ちます。どういうわけかOutlookプロファイルが破損または削除された場合、スムーズな作業で問題が発生します。また、ユーザーはMSOutlookの使用中に電子メールを保存または受信することはできません。その場合、ユーザーはOutlookでプロファイルを作成する必要があります 新しいOutlookプロファイルを作成および設定する方法 まず、ユーザーはMS Outlookを閉じて、開いている他のすべてのファイルとプログラムを終了する必要があります 次に、コントロールパネルを開きます。 次に、メールを検索し、[メール]をダブルクリックして選択したメールを開く必要があります。 メール設定ウィンドウ内で、プロファイルを表示するオプションをクリックする必要があります 次に、[追加]をクリックし、プロファイル名を指定して、[OK]をクリックする必要があります。 次に、アカウントの追加ウィザードに移動し、ユーザーの電子メールアカウントを作成して設定します。完了したら、ユーザーは[完了]をクリックする必要があります。 [メール]ウィンドウで、ユーザーは元のOutlookプロファイルを選択し、[削除]をクリックする必要があります。 警告メッセージが表示されます。 Outlookデータファイルのバックアップがすでに作成されている場合は、[はい]をクリックする必要があります。 ただし、プロファイル作成の上記の手順を実行した後でも、ユーザーがOutlookデータにアクセスできない場合は、pstファイルが破損している可能性があります。このような状況では、ユーザーはscanpst.exeまたは受信トレイ修復ツールを選択する必要があります。これは、pstの破損を修復するための組み込みユーティリティです。ただし、その制限があるため、サードパーティのOutlookPST修復ソフトウェアを使用することをお勧めします。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Microsoft Outlookのエラーメッセージを修正:「メールボックスのサイズ制限を超えました」-0x800ccc0f Outlook 2013

「メールボックスのサイズ制限を超えました」という理由でOutlookアカウントにログインできませんか? メールボックスのサイズ制限を超えていますか?メールボックスのサイズ制限超過の問題を修正しますか?はいの場合は、この投稿を読んでこの問題の解決策を見つける必要があります。また、メールボックスのサイズ制限を超える理由と、この問題を解決するためにメールボックスからアイテムをクリーンアップする方法を知ることができます。 Outlookメールボックスのストレージ容量が限られていることをユーザーが知っている可能性があり、必要なストレージ容量が制限に近づいたり、ほぼ制限を超えたりすると、Outlookユーザーは「メールボックスのサイズ制限を超えました」というエラーメッセージが表示されます。これは、メールボックスアイテムが大きくなり、サイズが大きくなり、いっぱいになったことを示しています。最終的に、ユーザーはOutlookアプリケーションのパフォーマンスが低下します。 Outlookのエラーメッセージの理由は何ですか:「メールボックスのサイズ制限を超えました」 メールボックスストレージが制限されているExchangeサーバーでOutlookを実行しているため 過剰なOutlookデータとpstファイルを含む古いまたは以前のOutlookバージョンを使用する。 最後になりましたが、Outlookのpstファイルがサイズ制限を超えた場合。使用されているOutlookのバージョンに応じて、pstファイルの保存にはデフォルトのサイズ制限があります。 「メールボックスのサイズ制限を超えました」エラーを修正する方法は? メールボックスアイテムがサイズ制限を超えている場合は、組み込みのOutlookメールボックスクリーンアップツールを使用してメールボックスをクリーンアップおよびクリアする必要があります。これはOutlook2007に組み込まれているユーティリティで、メールボックスに存在するすべての雑然としたデータをクリアし、メールボックスから不要な重複アイテムやジャンクアイテムをクリアするために使用できます。ユーザーは、メールをアーカイブするオプションとして、[自動アーカイブ]オプションを押して、[メールのアーカイブ]をクリックすることもできます。これは、スペースをクリアし、ストレージ領域を自由に修正できるようにするのに役立ちます。「メールボックスのサイズ制限を超えました」エラー。 まず、Outlookを開きます [ファイル]> [ツール]> [メールボックスのクリーンアップ]としてオプションをクリックします ユーザーは、[メールボックスサイズの表示]を選択してクリックし、Outlookバージョンのサイズ制限を表示できます。また、個々のフォルダーを表示するオプションもあります。 これで、サイズと日付でフォルダをフィルタリングしてフォルダを選択することもできます。 次に、[自動アーカイブ]オプションをクリックして、保存されたアイテムを含むファイルとフォルダーをアーカイブします。 空のオプションをクリックしてフォルダを削除するオプションもあります ただし、pstファイルのサイズが大きすぎると破損する可能性があるため、pstファイルとOutlookデータにアクセスできなくなります。したがって、ユーザーは、scanpst.exeの最良の代替手段であるOutlookPST修復ソフトウェアを使用して特大のpstファイルを修復する必要があります。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

動作していないときにOutlookのルールとアラートを回復する方法-0x800CCC62???

Outlookのルールが機能していませんか?あなたのpstファイルが壊れていませんか? Outlookのルールとアラートは、ユーザーの観点からすべてのルールセットを管理および作成するOutlookメールの重要な機能です。これは、MSOutlookで受信する特定のメールを管理するためのルールを作成するのに非常に役立ちます。特にいくつかのキーワードを含むメール、または特定の送信者からのメールを別のフォルダに送信したいとします。これは、Outlookでルールとアラートを作成することが非常に役立つ場合がある場所です。ただし、PSTファイルが破損しているため、これらの設定されたルールがOutlookで機能しない場合があります。 pstファイルの破損の問題だけでなく、除外できない他のいくつかの理由があります。それらのいくつかを見てみましょう。 Outlookルールが機能せずアラートが発生する理由は何ですか 最も重要な理由は、Outlookを以前のバージョンから最新バージョンにアップグレードすることです。誤ったアップグレードが原因で、ユーザーはpstファイルに損傷を与える可能性があります。これにより、最終的にいくつかのOutlookエラーメッセージが表示されます。これらに従わないと、Outlookルールがアラートで機能しなくなります。 特大のPSTファイルは、大量のメール、予定、スケジュール、メモ、タスクの保存がメールボックスアイテムの蓄積につながり、PSTファイルのサイズが大きくなるため、無視してはならない問題の1つです。サイズが大きすぎるpstファイルは、Outlookルールがアラートで機能しないため、破損に対して脆弱になります。マルウェアやウイルスの攻撃に加えて、PSTデータが保存されているWindows PCに不良セクタが存在すると、ルールが機能せずにOutlookが破損する可能性があります。 破損したPSTファイルからOutlookのルールとアラートを回復するためのガイド? Outlookで設定されたすべてのルールは、ルールウィザード(RWZ)ファイルとして保存されます。ただし、それ以降のバージョンのOutlookを使用している場合、これらの一連のルールはpstファイルとして保存されます。ただし、以前のバージョンから新しいバージョンにアップグレードした場合は、OutlookのルールとアラートにアクセスするためにRWZファイルをエクスポートする必要があります。アップグレード中に何らかのエラーが発生した場合、またはpstファイルが破損している場合は、Outlookのルールが機能しないという問題があります。このような状況では、ユーザーはscanpst.exeを使用して破損したpstファイルを修復する必要があります。これは、pstファイルを修復するために使用される組み込みユーティリティですが、マイナーな破損のみを修正するための制限があります。 scanpst.exeの場所32ビットバージョン:C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ root \ Office 19 64ビットバージョン:C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ root \ Office19 ただし、scanpst.exeがpstファイルの修復に失敗した場合、ユーザーはOutlookPST修復ソフトウェアを利用できます。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Outlookで失われたフォルダを見つけることはできますか?-0x800CCC1A???

Outlookでフォルダを紛失しましたか? Outlookメールボックス内のフォルダーが見つからない、またはフォルダーにアクセスできませんか? Outlookの個人用フォルダを紛失した場合は、一部のpstファイルが破損している可能性があります。時間の経過とともに、pstファイルとフォルダのサイズが大きくなりすぎます。ここで、Outlookデータを圧縮するためにpstファイルとフォルダーをアーカイブする必要があります。ただし、停電やOutlookの突然の終了など、アーカイブプロセスが妨げられ、アーカイブフォルダが失われるなどの技術的な問題が発生する可能性があります。これにより、メール、メールフォルダー、連絡先リスト、予定などを含む重要なフォルダーが失われる可能性があります。これは、ユーザーがOutlookデータの損失に苦しむ必要があり、多くのユーザーがビジネスデータまたは専門データである場合に荒廃したと感じる場所です。非常に多くのOutlookユーザーが、Outlookで失われたフォルダーを見つける方法を検索していますか? ウイルス感染または不良セクタの存在も、Outlookのフォルダの損失または破損につながります。実際、Windowsにインストールされているアンチウイルスは、pstファイルやその他のOutlookデータを含むウイルスに感染したOutlookフォルダをスキャンして削除します。これにより、Outlookのフォルダが失われます。ただし、理由が何であれ、ユーザーは以下に示す手順を使用してOutlookで失われたフォルダーを見つけることができます。 まず、Outlookで開いているpstファイルとフォルダーをすべて終了します。 次に、scanpst.exeまたは受信トレイ修復ツールを起動します 参照オプションを使用して破損したpstファイルを選択し、スキャンして修復プロセスを開始します プロセスが完了したら、pstファイルを回復し、Outlookで新しいpstファイルとして保存します。 残念ながら、それが機能しない場合は、サードパーティのOutlook PST修復ソフトウェアを使用してpstファイルを修復し、Outlookで失われたフォルダを回復します。 ここをクリックしてPSTの修復ツールをダウンロードする

Scanpst.exeがコンピュータにない:どうすればよいですか?-???????????

Scanpst.exeが私のコンピューターに見つかりませんか?これはあなたが直面している、またはフォーラムのスレッドで検索している問題ですか? Web Outlookを検索しているときに、コンピュータにscanpst.exeが見つからないのと同じ質問が議論されているMicrosoftコミュニティフォーラムを見つけた可能性がありますか?これが懸念事項であり、同様の問題に直面している場合は、scanpst.exeが組み込みの受信トレイ修復ツールであり、デフォルトでコンピューターにインストールされている32ビットまたは64ビットのWindowsバージョンに応じてMSOfficeと一緒にインストールされることを知っておく必要があります。 Outlook 2019(Office 365)を使用している場合は、32ビットバージョンのscanpst.exeの場所を次のように見つけることができます。 C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ root \ Office19 64ビットバージョン C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ root \ Office19 同様に、Outlook 2016 / Windows10用のコンピューターでScanpst.exeを見つけることができます <C> \ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ root \ Office16 32ビットバージョンのWindowsでのClick-to-Runインストールの場合:<C>…
Read more

{解決済み}:Outlookエラー0x800ccc1a-0x800CCCAD???

Outlookエラー0x800ccc1aに直面していますか?このエラーのためにOutlookアプリケーションをスムーズに使用できませんか? 0x800ccc1aエラーを修正しますか?破損したpstファイルが主にこれに責任があり、それを修正するために破損したpstファイルを修復する必要があります。ここで、この特定のエラーとその原因に焦点を当てましょう。実際、Outlookユーザーは、使用されているバージョンに関係なく、Outlookでエラーを送受信するときに問題に直面する可能性があります。このような場合、ユーザーは、エラーの背後にある理由を明確に示すポップアップとしてエラーメッセージを受け取ります。メッセージで指定されている暗号化設定タイプに問題がある場合。ただし、誤ったポート番号や破損したpstファイルなどの他の可能性も除外できません。 Outlookエラー0x800ccc1aを修正する方法は? このために、MSOutlookの暗号化設定を変更する必要があります 最初にOutlookアカウントを開き、次にメインメニューの[ファイル]をクリックする必要があります。 これにより、この中の情報画面として、ドロップダウンを選択してアカウント設定を選択し、それをクリックする必要があります。 アカウント設定内で、メールアカウントを選択してから、このオプションをクリックして変更を選択する必要があります 次に、[アカウントの変更]ウィンドウ内の[その他の設定]をクリックする必要があります 次に、[詳細設定]タブをクリックして、チェックボックスをオフにします。これにはSSLまたは暗号化された接続サーバーが必要です 暗号化されたサーバー接続のポート番号を変更する必要があります 次に、終了時に選択して設定を保存します。 ただし、Outlookエラー0x800ccc1aの理由が破損したpstファイルである場合は、scanpst.exeを使用してpstファイルをスキャンして修復する必要があります。これは、Outlookにデフォルトで存在する受信トレイ修復ツールです。同じものを次のように指定されたパスに配置できます Outlook 2019:C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ root \ Office16 Outlook 2016:C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ root \ Office16 Outlook 2013:C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ Office15…
Read more